Life with life

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクと無線装備  その1 (アマチュア無線と特定小電力トランシーバーについて )

<<   作成日時 : 2014/07/05 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

梅雨に入り、ここのとろこは必ずといっていいほど、、、雨 

ライダーの皆さんはどんな週末をお過ごしでしょうかね〜

さて、今回は自分のバイク無線でどうしても改善したい

ことがあり、それをきっかけに、自分のバイク無線の

装備、接続などを紹介してみようか、、、


と思い、いつまでかかるかわかりませんが、

ちょっと連載してみよかと。。。


なにせ、これを紹介するとなると、配線図などを簡単な

ドローソフトで書く必要があり、時間がかかるので、避けておりました。

それに、WindowsのVIsioならサクサク書けるのですが、

iMacにしてからは、ドローソフトも無く、先日やっと

フリーのドローソフトをダウンロードしたものの、

使い勝手がちょっと違うので、それなりに時間がかかりそうです。

梅雨が明けると、ツーリングやその記事の作成で

(  ↑ ほとんど手抜きやろ!って言うでないぞよ〜)

完結するのはいつになることか自分にも想像できまんが、

気長に書いて見ようかと、、、 今は思っています。(笑)


さて、本題に入ります。

この写真は、とある日のツーリングの時の我が愛車でございます。

画像


ご自慢の装備は、 

・ GIVIの再度ケース
・ レーダー付きカーナビ 
   (案内音声も無線LINEに割り込ませてます。)
・ アマチュア無線 FTM-10
    (AM/FMラジオも聞けるので重宝してます)
・ その他、HIDヘッドランプなど。。。


さて、この記事を連載するきっかけを説明するまえに、ここにある2枚の写真をご覧ください。

まずは、先ほどの写真の拡大です。

画像



次に、また別のツーリングの時の写真です。

画像



さて、違いはなんでしょう ? (笑)


という程の問題でもありませんね。  

タンクバックの有無の違いです。

バックの中には、「特定小電力トランシーバー」+「ミキサー」+「自作配線ケーブル」が入っています。

アマチュア無線と特定小電力トランシーバー(以下、特小トランシーバー)の違いな主なものは、、、

これも後日連載に含めるとして。。。

あと、 この アマチュア無線と特小トランシーバーが同時に使用できる事が、どれだけ画期的(笑)なのかは、おいておいて 
 (  ↑ 共感してもらえる人には共感してもらえるはずです。)




今回の本論は・・・


このタンクバック、 

今まではあまり気にならなかったんですけど。。。

いや、、、 気にしない様にしていたんですけど。。。


やっぱり、気になってきました(爆)


はっきり言って、邪魔です。 


ツーリング中も、こんな感じに・・・

画像


しかも、お泊まりツーリングで、いちいちバックと配線を外したりして、チョー面倒くさい。


でも、この特小トランシーバーはライセンスが不要な事もあって、

マスツーの際に共通の無線機として使用される事が多々あり、 

排除するわけにはいきません。


そして、考えました。。。 調べました。。。 ググりました。。。


この梅雨の間に。。。


なんとか、タンクバック排除できないかと。。。


なんとか、方向性は見えてきました。


部材の購入と、それなりの改造が必要で、ちょっと時間がかかりそうですが。


こちらも、今後記事にかいてゆきたいと思います。


今後の連載ネタ予定  (予定は未定・・・爆)

@ 無線関連の接続詳細 (無線機、ナビ、ミキサーなど)
A タンクバックをなくしたる!プロジェクト について


ちなみに、セローは特小トランシーバーやアマチュア無線(ハンディ)使用時は、タンクバックを使用していました。

しかし、、、

はっきり言って、Versysの時より、邪魔です。  

ダート走行、ガレ場走行時のライディングポジションで、、、

お股に、バックが時々当たります (笑)

比較的小さいバックなんですけどね。

こちらは、ハンドルに無線機を取り付ける方法に、先日変えました。

なので、こちら(セロー)は解決済なのです。


次回、本編の更新は、 ドローソフトを使いこなせて、そして、配線ブロック図がかけてからになる予定です。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
RSS表示パーツ
バイクと無線装備  その1 (アマチュア無線と特定小電力トランシーバーについて ) Life with life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる