Life with life

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクと無線装備 その4(同時運用システム、無線ボックスの検討)

<<   作成日時 : 2014/07/12 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは。

今朝は枕元に置いている携帯(スマホ)から突然「ドキッ」とする音で一旦起こされてしまいました。

緊急地震速報のアラームでした。
あの音は、いつ聞いても嫌な音ですね。 あの音を聞くと今でも何故か鳥肌が立ってしまいます。
ビックリしました。

しかし、今日は暑かった・・・
本当はバイクで走りたかったんですけど、金曜の夜は会社の自分の部署の飲み会が久々にあったのと、Versysのカスタム作業で、梅雨明けのバイクシーズンまでにどうしても完了させたい事があり、作業をしていました。

この作業が大変で大変で。。。

11:00ごろから始めたのですが、終わったのは結局 17:30ごろ。

ちょっと危険(?)な作業・・・ グラインダーで火花を飛ばしながらカットや研磨。

#いや、、、想像していたより、火花(火の粉)が凄くて、ヤバかった・・・

慣れていない作業なので、それだけで汗だくなのに、気温が昨日に続き高いこと高い事。。。

ここは、36℃は越えていましたね。 

この話は、無線シリーズに関係している内容なので、いずれでてくると思います。

で、今日はその作業が無事終わったので、明日日曜日はちょっとバイクで走ってきます!!!
今日くらい暑くても、このくらい晴れてくれると、バイクでも気持ちよいぞー!!!

と楽しみにしていましたが、 午後から雨だって〜 (泣)

来週から、また梅雨前線が復活するのは知っていたけど、日曜日から早速雨かい!! (T_T)

早起きして、午前中だけでも走ったる〜〜〜!!!


さて、気を取り直して本題に入ります。

バイクと無線装備  その1(アマチュア無線と特定小電力トランシーバーについて )

バイクと無線装備 その2(アマチュア無線の接続ブロック図について)

バイクと無線装備 その3(アマチュア無線と特小無線の同時運用システム)

からの続きです。

前回は、同時運用システムの構築までお話しました。

で、このシステムですが、こんな感じの物量となります。

画像


結構な量ですね・・・

ちなみに、前回説明した Mixer「 DF2022」はこの時は電池駆動させていますので、電源アダプター等は含んでおりません。(トランシーバーも電池・・・こちらは外部電源端子が無い)

今まではこれをタンクバックに入れて使用しておりました。
最初は全然気になっていなかったのですが、 ツーリングの出発の朝にPTTスイッチの配線を接続して、ヘルメットの配線接続を変えて、、、

帰ってきてからも、その逆をやって、、、


だんだん面倒くさくなってきました(爆)

前記事のシリーズ(その1)で書いた通りです。

とくに、夜にツーリングから帰宅したときなんか、もう面倒でそのままカバーをかけて放置する事もしばしば。


けれども、アマチュア無線、ETC、他もろもろを納めているシート下には、スペースなんてありませんしね〜。

で、考えていると、 ふと・・・

画像

(ネットより拝借しました)

そう、白バイに装着されている無線機ボックスです。

うん、別箱装着するしかないな・・・

そうして、箱を探していると、とあるライダーさんがこんな箱を使っていました。
(無線機ボックスとして使用してはいなかったですが)

画像


ペリカンケース というものらしい。

これを使う事にしました。

しかし、これを取り付けるためにはキャリアが必要です。

自分の場合はトップケースはあまり好みでなく、GIVIのサイドケースを使用しています。
キャリアステーもGIVI製です。

なので、一番容易に考えると、GIVIのトップケース用のキャリアを追加すれば良いのですが、、、

いやなんです!!!

<GIVIのサイドケース&トップケースステー>
画像


GIVIのステーって、装着位置が後方すぎる。。。
そして、シート位置と比較して高すぎる。。。

これを使って装着すると、箱の大きさはこれより小さいにしても、こんな感じになる・・・
画像

(ネットより拝借)

なので、他のキャリアを探して、比較的マシなのが見つかりました。

画像


SW-MOTECH ALU-RACK
(この価格に海外からの輸送費を入れても、日本の通販で買うよりかなり安かった)


なのですが、GIVIのサイドケースステーがついているので、これをそのまま装着するのが無理なのです。

加工すれば装着できる可能性もあったのですが、 その判断がこの写真からだけではなかなか確証が得られません。

この写真やら、ネットで他の角度からの写真やらを散々みて、 かなり悩みました。

が、 GIVIに妥協する気もないので、 ダメな場合も覚悟して購入してみる事にしました。

 ・・・ (度胸いったよ〜)


とりあえず、チャレンジしてみましょう。

続きは次の記事で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヲレもトップケースはバランス(見た目の)
が気になって装着しません。
って
タイトルのボックス検討は
ペリカンケースで
キャリアは外国製・・
たった二行分ですよ〜(笑)
akumakozo
2014/07/12 23:17
akumakozoさん:こんばんは。
コメント、相変わらず早すぎます(爆)
コメントの後に、記事修正してますから(笑)
GIVIとSWのキャリアは同時装着できないんですよね。
でも内容的には、確かに・・・
えぇ、、、2行分です(爆)
やんべ
2014/07/13 00:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
RSS表示パーツ
バイクと無線装備 その4(同時運用システム、無線ボックスの検討) Life with life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる